So-net無料ブログ作成
ボランティア活動 ブログトップ

八木原サロン(6月12日) [ボランティア活動]

八木原サロンに初めて参加しました。
四街道の八木原小学校で行われる老人サークルのレクリエーションでのボランティア活動です。私は今日が八木原デビューでした。

座・劇列車からは5名参加しました。お客さんが22名、係の方が3名いらっしゃいました。

北原さんの挨拶のあと、長澤さんが体操、小林さんが発声を担当して、みんなでやりました。皆さん元気です。声もよく出ていました。

次に私がパントマイムをやりました。はじめに飲み物を飲むマイムを皆さんにやってもらい、続けて私が壁のマイムを入れた短いパフォーマンスを演じました。最後はみんなでマイムの風船を膨らましました。楽しんでもらえたでしょうか?

北原さんは志賀直哉の『転生』という短編小説の朗読をしました。口うるさい夫と気の利かない妻が、生まれ変わったら鴛鴦(おしどり)になろうと約束するのですが、妻は間違ってキツネに生まれてしまい……。という喜劇のようでもあり、悲劇のようでもある不思議なファンタジーです。北原さんの渋い声が効いていました。

長澤さんの詩の朗読のあと、実は小林さん、大場さんの朗読も予定していたのですが、ごめんなさい、私が時間を取りすぎてしまいカットになりました(反省)

最後はみんなで北原白秋の『お祭り』を群読しました。4つのグループに分かれて「祭りだ、祭りだ、わっしょい……」と自分のパートを読みます。皆さん大きな声でしっかり読んでくれました。私な間違いがいちばん多かったかも。

食堂から美味しそうなランチの匂いが漂って来てお開きになりました。ああ、楽しかった。

次は26日に今日とは違うお客さんの前で演じます。

20180612_120341.jpg
20180612_120607.jpg






長門湯本温泉 大谷山荘

長門湯本温泉 大谷山荘

  • 場所: 山口県長門市深川湯本2208
  • 特色: 四季折々の豊かな自然の美しさを大切にしたしつらいやおもてなしでお客様をお迎えいたしております。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

コープみらいえ四街道公演 [ボランティア活動]

5月18日(金曜日)

コープみらいえ四街道という高齢者住宅でボランティア公演をしました。
演目は『ベランダー・ドリーム』(高平 九)です。

キャスト・スタッフは11時に四街道公民館に集合して稽古をしました。12時半頃から簡単な昼食をとり移動。

コープみらいえ四街道には13時に入りました。とても新しくきれいな住宅でした。会議室でリハーサルをして14時から本番。会場は食堂です。お客さんは職員の方を含めて30名程度。

いつものように劇団を代表して北原元代表の挨拶。続いて私が観客の皆さんに声を出してもらい、掌を使った簡単なパントマイムに付き合ってもらいました。皆さんとても素直に遊んでくれました。

『ベランダー・ドリーム』は上演時間40分。朗読劇であることやセリフが多いことで高齢者の方には負担が多かったと思います。最後までおつき合いいただきありがとうございました。次はもっと動きのある楽しいお芝居を上演できたらと思います。お客さんに合わせた様々な演目を持ちたいものです。

また写真を撮り忘れました。男役の2人がかなり工夫して扮していたのに残念です。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中原淳一四季のイラストレーション [ 中原淳一 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/5/18時点)




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ラヴィスタ四街道公演 [ボランティア活動]

4月17日(火)2時からラヴィスタ四街道というところで、『ベランダー・ドリーム』を上演しました。場所は食堂、お客様はお年寄りが20名。職員の方が7名ほどでした。4月生まれの3名の方のお誕生会の出し物として呼ばれたようです。

まずは体操と発声を一緒にやりました。皆さん元気に参加してくれました。その後、朗読劇の『ベランダー・ドリーム』を上演しました。皆さん集中して聴いてくださいました。ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0) 

やぎはらサロン報告 [ボランティア活動]

中島さんから3月13日(火)「やぎはらサロン」の報告です。

[ひよこ][ひよこ][ひよこ]

感想遅くなりました[あせあせ(飛び散る汗)]
ご参考までに、当日の様子のレビューです。

時間は11:00?12:00。お集まり頂いた人数は10数人ほど。北原さんのご挨拶から始まり、長澤さんによる体操体験、続いて小林さんによる発声体験、私(中島)の前説にも、みなさんノって参加して頂きました。そののち「三月つぼみ」朗読劇を上演。内容が内容だったこともあって?!、時折クスクスっとなる場面もありながらも、今回は終始、みなさん真剣モードで聞き入っている感じでした。朗読劇の後半から、劇団員とご参加いただいたみなさんと一緒に、楽しく何曲か歌い、気持ちよく声を出し、すっかり気温も上がったお昼に、終了となりました。

八木原サロン、
ご参加のみなさま、お疲れ様でした[exclamation]?
補足がありましたら宜しくお願いします(^○^)/

[ひよこ][ひよこ][ひよこ][ひよこ]

キャスト、スタッフの皆さんお疲れ様でした。楽しい会になったようですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

やぎはらサロン(3月13日) [ボランティア活動]

やぎはらサロンでの『三月つぼみ』公演を終了。

キャストの記念写真が送られてきたので掲載します。みんな満足そうですね。



感想は後日。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「もえぎ」ボランティア公演 [ボランティア活動]

四街道市千代田の「もえぎ」というお年寄りのサークルで公演をしました。
演目は『ベランダー・ドリーム』(高平九)※

残念ながら私は参加できなかったので、今回「語り」として参加した中島さんの報告です。



今日は天気も薄曇り、気温も低く、また事前の雪予報の影響で例年20名を超える参加人数も、本日は13名にとどまりました。ところが13名の方の半分は、座・劇列車をご存知のかたのようで、ニューフェイスへの存在にも気が付かれ、劇団員の事も良くご存知の様子でした。また98歳の大ベテランの方も2名いらっしゃり、恒例行事のように楽しみにして頂いていた様子でした。上演はまず私の前説に始まり、得に抵抗感なく積極的にご参加くださいました。あとからのご感想の中で、「また同じような事が行われると思っていたけど、今回はなんだか得した気分です」とのお声も頂きました。そして北原さんのご挨拶によって、朗読劇への抵抗感もなかったように思います。本編に入りますと、13名という参加人数の少なさを思わない、盛り上がりぶり! 終始和やかな雰囲気でお客様からの、つぎつぎ起こる笑いの反応が嬉しく、思わず演者にも力が入りました。「たくさん笑って楽しませてもらえました。」「来年もまたお願いしたい」とのご感想も。ご参加くださった方々も、演じる役者側も、一緒になって楽しめた公演となりました。

中島さんは前説としても活躍したそうです。頼もしい新人です。

とにかくお客様の反応がよくて、キャストもいつも以上にノリノリで演じたそうです。お芝居はキャスト同士やスタッフとのコミュニケーションが重要ですけど、キャストとお客様が一緒に作るものでもあるんですね。

公演後、他のボランティアサークルからも「ぜひやってほしい」という話があるそうです。劇団の小品の定番になるといいですね。他のボランティアサークルの皆さん、ぜひ座・劇列車を呼んでください。


※『ベランダー・ドリーム』について

あるマンションに住む2組の夫婦の物語です。一方の主婦が夫の酒癖の悪さに悩んでいます。ある時、酒の席で上司を殴ってしまい、2度と酒は飲まないと誓いますが、なぜかズボンポケットに宝くじが1枚入っていて、しかもそれが一等当選クジ。気が大きくなった夫は隣の部屋の夫を誘って祝杯を上げ、またまた失敗をしてしまいます。このままでは夫が駄目になると思った妻は、隣の妻の勧めで、ある行動に出るのですが……。
落語の名作『芝浜』を本ネタにした作品です。上演時間約35分。興味のある方は「はりこのトラの穴」にて「高平九」を検索してみてください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「やぎはらサロン」レポート [ボランティア活動]

座・劇列車では、団員の長澤さんを中心に、四街道の八木原小学校で催されている「やぎはらサロン」(社会福祉協議会主催)という活動にボランティアとして参加しています。火曜日の午前中ということで、メンバーが足りないときは劇団うさぎ座にも協力してもらっています。



3月14日(火)
劇団員4人とうさぎ座のTさんの5人で参加しました。お客さんは16人のお年寄り(70歳以上の方)です。

①劇団員Sさんをリーダーとする体操。高齢者にあった、季節の楽しさを取り入れた軽い運動をしました。
②劇団員Iさんをリーダーとする発声。腹式呼吸の方法から発声までを丁寧に指導しました。「五十音の歌」(北原白秋)をお客さんと一緒に元気に朗読しました。
③短い劇を披露しました。
客演のうさぎ座Tさんの早変わりぎ大うけでした。
④「お祭り」(北原白秋)をみんなで群読しました。4つのグループに分かれて、それぞれのパートを大きな声で朗読します。グループで声を合わせなければならないので集中力も必要。うまくできると気持ちがいいので、もう一度やろうと何度もせがまれたそうです。
⑤「イハ、ハイ」ゲーム。グループで両掌を互いに違いに重ねます。リーダーが「ハイ」と言ったら、一番下の掌を一番上に移動します。逆に「イハ」と言ったら、上の掌を下に移動します。「ドーン」と言ったら、その時に一番上に掌置いていた人が上から他の人のての甲を叩きます。他の人は叩かれないように逃げます。単純ですが、すごく盛り上がるゲームです。

参加した皆さんお疲れさまでした。楽しんでいただけましたか。

座・劇列車は四街道市にボランティア団体として登録しました。今後は千葉市などでも登録する予定です。お年寄り、子供さん対象の短いお芝居、ゲームなどお役に立てることがありましたら、お気軽にご相談ください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
ボランティア活動 ブログトップ