So-net無料ブログ作成
検索選択
台本選定 ブログトップ

 本公演作品仮決定! [台本選定]

本公演作品仮決定の予定でしたが、遅れて参加する人が何人かいたので、はじめにボランティアで上演する作品の稽古をしました。

「地獄見物」(水谷章三 作)

キャストは昼組、夜組混合で台本を手に持ったまま半立ちの稽古をしました。

この芝居は一昨年上演した「陽気な地獄破り」とほぼ同じ内容ですので、その世界観は誰もがつかんでいます。ただ、10分程度の芝居をどう見せるか、狭い舞台をどう使うかで、かなりの工夫が必要であることが、立って動くことで実感されました。色んな動きを試しながら2回繰り返しました。

八木原サロン(地域のお年寄りのサロンです)で上演する作品の稽古をしました。団員のNさんが中心になってずっと続けている活動です。これはイスに座り本を持ったままの朗読劇に近い形で上演します。こちらも2回繰り返しました。

団員が揃ったところで本公演の作品選定会議を行いました。

最後に残った作品は、

①「天国への百マイル」 (浅田次郎 原作/八木柊一郎 脚本) ②「袴垂れはどこだ」(福田善之 作) ③「カリホルニアホテル」(高平 九 作)
の3作です。

全員が作品それぞれについて意見を述べました。

「天国への百マイル」は何度読んでも感動的な話なのでぜひ上演したいという意見が多かったです。主役のセリフの量と、いくつかの男性の役を女性が演じなければならない点が課題だと改めて確認されました。

「袴垂れはどこだ」は古い作品ではありますが、その普遍的なテーマ、ストーリーの面白さに魅了された団員が多いようです。ただ、とにかく長いので少しカットしないと演じる側も観客側も負担が大きいのではないかという意見が出されました。

「カリホルニアホテル」の春バージョンは1時間と短いことが問題でした。内容的にも物足りないので、本公演には向かないという意見が多かったように思います。それと比べて夏バージョンの人気は高く、上演時間(約100分)の点でも、また作品の面白さという点でも評価が高かったと感じました。
問題は夏バージョンは春バージョンのあくまで続編なので、この作品だけを上演した場合、提示されていない情報がいくつかある点です。

話し合いと挙手による投票の結果、今年度の作品は、

「カリホルニアホテル」(高平九 作)   ※夏バージョン

と決定しました。

今週金曜日には、続編ではなく単独の作品として上演できるように修正を加えた台本を作者が用意してくれることになっています。

公演まで約10カ月。どんな作品になるか楽しみにお待ちください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

2月17日(金)の稽古です。 [台本選定]

いつものストレッチ、発声の後、「カリホルニアホテル」(高平九 作)を読みました。この作品には春バージョンとその続編である夏バージョンがあります。

団員からは、夏バージョンの方が面白いので春と夏を合体できないかという意見が多く、作者に検討してもらいましたが、難しいということでした。

そこで春バージョンを再度読み直してみようということになりました。

約1時間の短い作品という点が難点でしょうか。せっかく足を運んでくださったお客様に短い作品をお見せしただけで帰すのは失礼だという意見が多く出ました。

日曜日には本公演に上演する作品を仮決定する予定です。さて、どの作品が選ばれるでしょうか。3作それぞれが魅力的で、かつ大きな課題に挑まなければならない作品です。楽しみです。


2月11日(土)の稽古です。 [台本選定]

2月最初の4時間稽古です。

昨日に続いて「袴垂はどこだ」(堀田善之 作)を読みました。

とても面白い作品です。義賊である袴垂(はかまだれ)を捜す農民たちの物語です。ただ捜すだけでなく袴垂のマネをすることで、ホンモノの注意を惹いていつか配下にしてもらおうとするのですが……。残念。ここから後はネタばれになるので書けません。

袴垂というのは『宇治拾遺物語』などの説話に出てくる盗賊の名前です。

『宇治拾遺物語』には藤原保昌(ふじわらのやすまさ)とのエピソードがあります。

冬の衣類を必要とした袴垂が適当な相手を待ち伏せしていると、笛を吹きながら保昌がやって来ます。何度袴垂が挑発しても保昌は悠然と歩いています。とうとう袴垂は保昌の屋敷まで着いて行き、衣類を恵んでもらうという話です。袴垂は説話の中でも「いみじき盗人の大将軍」と大物盗賊として紹介されていますけど、ここでやっていることはただの追い剥ぎです。主役はあくまで保昌で、その大物ぶりが誇張されています。

ちなみに藤原保昌というのは、かの有名な藤原道長の家司だった人で、武勇で名高い人です。歌人として知られる和泉式部と道長の紹介で結婚しました。道長四天王の一人と称せられる豪傑です。

「袴垂はどこだ」はそもそも平安時代の話ではないので、説話で語られる袴垂と脚本の袴垂はあきらかに別人です。袴垂という伝説の盗賊の名を借りたものでしょう。

それにしても今日の本読みでも、みんな農民のセリフに苦労していました。この作品を上演するとしたら、農民のしぶとさやエネルギーをセリフに込めることができるかが勝負のような気がします。

後半は劇団のオリジナル作品「カリホルニアホテル」の夏バージョンを読みました。昨年観ていただいた「クロスロード~運命をつなぐ四つ辻~」の作者高平九の作品です。

こちらも2週間前に途中まで読んでいましたが、たまたま脚本の冊数がそろわず読みさしでした。

「カリホルニアホテル」は房総にある小さなホテルが舞台です。春バージョンと続編の夏バージョンがすでに書かれています。もちろん作者としては春バージョンからの上演を希望しているのですが、団員には夏バージョンが好評なので、作者に春と夏の合体はできないかと無茶ぶりをしているところです。

この作品は「クロスロード」と異なり、バリバリの喜劇です。観客を泣かせるより、笑わせるほうが難しいとよく言われます。ひとつひとつの笑いを積み上げて大きな笑いを作り上げることができるか、それが課題となるでしょう。

最後にボランティア用の作品である「地獄見物」(水谷章三 作)を読みました。夜組の配役です。

来週の日曜日は2月最後の4時間練習です。ここで本公演の作品を決めることになっています。どの作品になるかお楽しみに。

↓ 「松のきずあと」





いつも稽古をしている四街道公民館の裏手にあります。戦争末期に軍部が航空燃料にする松谷ヤニを採った跡だそうです。同名の絵本もあります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

1月22日(日)の稽古です。 [台本選定]

今日は4時間稽古ですが、昼間は四街道ミュージカルの打ち合わせに参加する団員がいるので、17時から21時までの稽古になりました。
たっぷりと基礎訓練をしたあとで、「天国までの百マイル」(浅田次郎 原作/八木柊一郎 脚本)の後半を読みました。

後半は思わず泣いてしまうシーンが何カ所もあります。特にマリが身の上話を語るシーンや主人公安男の前妻英子と話すシーン(この脚本ではこんな風に言ってやるた安男に語っていて、その場面は省略されています)がたまりません。浅田次郎という作家は社会の底で「くすぶる」人々を描くのがとてもうまい。そして、一度落ちてしまった人々に上層にいる人がいかに冷たいかもよく知っています。自分のためではなく、家族のために落ちてはいけない。だから、足にしがみつく人の頭を蹴りつける。そんな過酷な現実があるから、どん底の安男を立ち直らせようとして命を張る母親の姿、そしてその母親を救おうとする曽我医師の姿に感動するのでしょう。人間の心臓を再生するのが曽我なら、人間の心を再生するのがマリです。どん底の安男を支え、立ち直る兆しが見えた途端に身を引くマリに、聖母マリアのごとき無償の愛を見て、泣いてしまいます。

脚本も原作のそういう部分を際だたせていると感じました。うまく言えませんが、心の深いところ、無意識の領域から涙があふれてくる作品になっています。

休憩を入れて、約2時間半。ちょっと長いけど、しっかり演技をすればお客さんも飽きることはないはずです。

時間が余ったので、「カリホルニアホテル」(高平 九 作)を読みました。この作品には本編(春)と続編(夏)がありますが、続編の方が面白いという人が多いので、そちらを読むことにしました。

約1時間かけて前半を読みました。「天国」とは違って、ほば喜劇です。

それぞれのキャラが濃いので、恐る恐るの本読みでは物足りない感じがしました。もっと思い切って出来ると楽しい芝居になりそうです。

以上、報告でした。次回は「カリホルニアホテル」の続きと「袴垂れはどこだ」(福田善之 作)を読みます。

よろしければ、四街道公民館に遊びに来てください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「天国までの百マイル」を読みました。 [台本選定]

今日は本公演候補作の一つ「天国までの百マイル」(浅田次郎 原作/八木柊一郎 脚本)を読みました。文化座さんの作品です。脚本使用を許してもらえるかという問題もあります。キャストの面でも男性キャストが足りません。
キャストを決めず回し読みをしました。
金曜日は2時間稽古ですので、ゆっくり基礎練習をやっていたら、半分しか読めませんでした。ト書きも読んでいるので、ほぼ上演時間と同じだと思います。2時間の作品です。あらためて素晴らしい作品だと感じました。
私は自宅でも読んできましたが、やはり泣けました。浅田次郎ほど泣きのツボを心得た作家が他にいるでしょうか。人間と人生について深く理解していないと、こういう作品は書けないと思います。他の団員も「家で読んで何度も泣いた」と言っていました。問題は原作や脚本を演劇として再生できるかという点です。お客さんに存分に泣いてカタルシスを味わってもらえるか。劇団の力が試される作品です。

日曜日に後半を読みます。



余談 土曜日に故郷の静岡で中学のクラス会がありました。久しぶりに綺麗な夕景の富士山新幹線車窓から見ました。やっぱり富士はいい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

本公演作品選定会議(第2回)です。 [台本選定]

今年初めての土曜日4時間稽古です。

今日は本公演の候補作品を3作にしぼりました。

年始に選定した候補作は次の6作です。

①「天国までの100マイル」(八木柊一郎 脚本/浅田次郎 原作)
②「もやしの唄」(小川美玲)
③「イーハトーボの劇列車」(井上ひさし)
④「太陽のあたる場所」(堤泰之)
⑤「袴垂れはどこだ」(福田善之)
⑥「カリホルニアホテル」(高平九)

まずは1作ずつ検討をしました。

①はかなり前から候補になっています。男性キャストが多いことからなかなか上演できませんでした。鴨川の病院が舞台になっているので、ある意味地元の物語です。何名かを女性にして演じることが可能かということが検討されました。

②も以前から候補に挙がっています。やはり男性キャストが中心になっていることが上演できない理由でした。

③は今回特に浮上してきた作品です。私も紀伊國屋サザンシアターで井上芳雄さんが宮沢賢治を演じたのを観ました。文庫本を6冊購入し、NHKBSで放送されたものを録画したブルーレイを観るなどして検討しました。素晴らしい作品ですが、同時に難しい作品でもあります。

④は「煙が目にしみる」「見果てぬ夢」の作者堤泰之さんの作品です。「煙」と「見果てぬ夢」はすでに上演し、とても好評でした。特に「煙」はキャストを代えて何度も上演していますが、今でも再演希望の多い作品です。したがって本作もここ数年候補に挙がっています。平成22年が舞台で、昭和へのノスタルジーも感じさせる作品です。やはり男性キャストが足りないので、女性ができるか検討しました。

⑤は代表の入村が一押しの作品です。古い作品ですが、骨太のい良い作品です。民話を多く手がけてきた劇団にはふさわしい作品だと思います。農民たちは全員女性が男性に扮して演じることになります。

⑥は「クロスロード」の作者高平九の新作です。前作とは違って完全な喜劇です。すでに続編もできあがっており、作者の意図に反して続編のほうが好評なので作者を悩ませています。

最後に多数決で3作にしぼりました。

選ばれたのは、

①「天国までの100マイル」(八木柊一郎 脚本/浅田次郎 原作)
⑤「袴垂れはどこだ」(福田善之)
⑥「カリホルニアホテル」(高平九)

でした。

来週の稽古からこれらの脚本を読んで、1本にしぼることになります。

⑥「カリホルニアホテル」は他の劇団員からは春と夏の合体を要求されています。

本公演作品の演出担当が決まっていればという条件はありますが、一応2月末までには本公演作品を決定することになっています。

演出が未決定な場合は、新候補の可能性を3月末まで残すことになりました。

他にボランティアで上演する作品についても話し合いました。この日も2作品を読みましたが、なかなか適当な作品がみつかりません。もう何本か読んで作品を決めることになりました。

どの作品が選ばれるにせよ、台本を手にするまでのワクワクした感じが好きです。稽古がはじまると、少なくともその最中には苦しかったり悩んだりすることの方がずっと多くなりますから。楽しさは決まってあとかやってきます。

ブログを読んでいらっしゃる皆さんも、どの作品に決まるか予想してみてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
台本選定 ブログトップ