So-net無料ブログ作成

3/24(金)の稽古です。 [カリホルニアホテル]

3/24(金)の稽古の内容です。

私は仕事で参加できなかったので、代表のレポートを参考に報告します。

最初に上演台本(決定稿)の製本をしました。

次に演出の長野さんの助手を長谷川雅一さん(団員)にお願いすることになりました。

また、総会の役員案、検討事項、資料作成者の確認などをしました。

その後、上演台本を20ページまで読みました。

キャストについては、劇団にまかせていただけるこということなので、団員の希望を聞いて制作部で決めることになりました。

なお、役が一つ足りなかったのですが、団員のアイデアをもとに新たに役を加えました。これで一応団員全員の役が準備できました。

もう一つ作者の高平九から報告がありました。

「先日、長野さんに台本を読んでいただき御感想をいただきました。その中に「人情コメディ」という言葉があったことをヒントに「人情喜劇(ヒューマンコメディ)カリホルニアホテル」と改題させていただきました。以前から「カタカナだけの題名はピンとこない」という団員の批判もあったことも理由の一つです。それに、この本のモチーフにした映画『ポケット一杯の幸福』(フランク・キャプラ監督)をネットで調べていたら、やはり「人情喜劇」という言葉を見つけました。こういう偶然を大切にしたいと思います」

ということで、今後は作品名を『人情喜劇(ヒューマンコメディ)カリホルニアホテル』としたいと思います。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「ノンセクト ラジカル~1970そして」  [観劇の感想]

3月26日(日)

劇団アルファー本公演 Vol.24  「ノンセクト ラジカル~1970そして」(作・演出 時風 静恵) 
を観てきました。

IMG_20170327_0001 (724x1024).jpg

STORY
 2016年12月25日。今日で閉店となる喫茶エスポワールにやってきた砂野世理子。かつての学生運動仲間で、今はエスポワールのオーナーの田所清と激しかったあの時代を懐かしみ、確かにかけがのない青春だったと昔の思い出を語り合う。そこへ世理子の娘が母の身体を心配して現れる。「母は病院を抜け出して来たのです。」余命わずかな世理子にはどうしてもこの場所で娘に伝えなければならないことがあった。
 1970年。喫茶店エスポワールの地下をアジトに、リーダー田所を中心に学生たちが集まっていた。彼らはどこの党派にも属さないいわゆるノンセクトだった。暴力を否定し、正論を持って平和と民主主義を主張してゆく。信念を持って活動していた彼らだったが、仲間を殺され時代の渦に翻弄され思もよらないかった方向へと流されてゆく。
 ベトナム戦争や安保闘争などを背景に、平和・反戦の意識から学生運動に参加していった若者たちのの青春群像。
                               公演プログラムより


この日は団員5名で行きました。

会場は下北沢の東演ホール。駅から徒歩で約20分のところです。ネット上に詳しい案内が載っていたおかげで迷わずにすみました。どなたかわかりませんが感謝です。

東演ホールは客席が60席の小さなホールでした。客席と舞台がとても近く、後ろから2列目の席でもすごい臨場感です。舞台は幅こそ狭いものの奥行きと高さが十分あって、それが最大限生かされていました。喫茶店エスポワールとその地下室が、背の高いパネルの移動だけで転換します。ブリッジの音楽も工夫されていて、美しい転換でした。暗転前の切り方にもセンスを感じましたし、転換後にガラリと空気が変わっていることにも驚かされました。こういう転換のこだわりって好きです。見習いたいです。地下室の長い階段も、舞台の高さを生かしていて効果的だと思いました。

内容も興味深いものでした。私は今年60歳になります。1970年はまだ13歳でした。静岡で暮らしていたので、安保も学生運動も遠くの出来事でした。ただ、前年に起こった東大紛争には叔父が関係していたことで、社会的な大きな事件というよりも、きわめて家庭的な事件としてとらえていました。機動隊の安田講堂への放水やヘルメットを被った学生が投石する姿を、母と2人で祈るように見守っていたことを覚えています。母親にとっては可愛い弟の身がさぞ気がかりだったことでしょう。

成長して少し歴史的背景が見えるようになっても、私が叔父の轍を踏むことはありませんでした。母親は神経質なほどそのことを恐れていました。しかし、何より高校もそして大学も祭の後のように静かで、すっかり熱が冷めてしまっていました。

この芝居を観て、改めて叔父のことを思いました。音楽と文学を好み、私が虫を捕まえると、可哀想だから逃がしてやれと言った叔父がなぜあんなに熱く荒々しく運動にのめり込んだのか。思えば一度もそのことについて話を聞いたことがありません。聞いてはいけないことと無意識のうちに思っていました。これはとても個人的な話のようですが、実は世代を超えて多くの人が疑問に思うことではないでしょうか。「なぜ学生たちはあんなにも熱く荒々しく運動にのめり込んだのか?」

若い役者さんたちの火の出るような議論や乱闘にも心を動かされました。特に狭い舞台でのアクションは苦労なさったと思います。迫真の演技は観客席にびんびん気持ちを伝えていました。また、ベテランの皆さんのリアルで心のこもった言葉も私の心を揺さぶりました。

帰りがけインド料理をいただきながら、芝居の感想で盛り上がりました。先に述べたような、転換の工夫や若い役者さんたちの迫力ある演技、ベテランの皆さんの味について語り合いました。そんな中、ある人が「今、この芝居をやることに意義がある」と言いました。確かに平和への純粋で熱い思いを、忘れかけていた世代に思い出させてくれる芝居であり、知らない世代に伝える芝居でもあります。

劇場の外で作者の時風さんに「劇列車さんでもどうですか?」と言われ「あんな若いエネルギーはとても出ません」と返事をししまったものの、こういう骨のある芝居を、ぜひ一度、座・劇列車でもやってみたいなあ。そこの若い人、座・劇列車で芝居してみませんか?

劇団アルファー様、素敵なお芝居ありがとうございました。

劇団アルファーの次回公演は
 「葬送狂奏曲」(原案/中道進、脚色・演出/時風静恵)
 8月2日(水)~6日(日) 会場 TACCS1179(新宿区落合)
だそうです。楽しみですね。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「人情喜劇 カリホルニアホテル」出演者募集! [カリホルニアホテル]

皆さん、こんにちは。

本公演「人情喜劇(ヒューマンコメディ) カリホルニアホテル」(作・高平 九、演出・長野克弘 )の出演者を募集するとになりました。

公演日 12月3日(日)
会 場 四街道市文化センター(場所は地図をご参照ください)

作品はまたまた当劇団オリジナル。房総半島にある小さなホテルを舞台とした楽しくて少しホロリとする人情喜劇です。

なお、今回はプロの俳優である長野克弘さんが演出を担当してくれることになりました。

条件は特にありませんが、保険料、リハ・当日の昼食、それから衣装も含む制作費の一部としてお一人1万円(小学生以下の子供さんは5千円)の参加費をお願いします。

四街道近隣にお住まいの方、もちろん遠くにお住まいの方でも結構です。

1度舞台を経験してみたい方はお気軽にご参加ください。今回はプロの指導を受けられる絶好のチャンスですよ。

初めての方でも出演できるように、ホテルのスタッフか観光客という役柄を用意いたしました。簡単なセリフも一つ二つ言っていただくかもしれません。

客席から観るお芝居も楽しいですが、ステージ場から見る景色は格別です。

たくさんの皆さんが参加してくだされば、いっそうエネルギッシュな舞台が作れると信じています。

興味のある方はこちらにご連絡ください。まずは稽古を見学していただき参加不参加を検討してください。

 劇団事務局メールアドレス zagekiresha@gmail.com

 稽古は毎週金曜日19:00~21:00、第2第4土曜日17:00~21:00です。
 会場は四街道公民館(場所は地図をご覧下さい。事情によって別会場の場合もあります)です。
 
 すべての稽古に参加していただく必要はありません。詳細はまだ決まっていませんが、ある程度劇団員による芝居が固まってから、おそらく10月くらいから参加していただくことになると思います。

 ご連絡お待ちしております。

 四街道市文化センター (四街道市大日396)
  四街道駅から徒歩で 約15分です。
  ※ マウスのポインターを地図上に動かすと手のひらの形になります。左クリックすると手のひらがパーからグーになり、そのまま動かすことで地図外も見ることができます。また、ダブルクリックすると拡大します。



 四街道公民館 (四街道市四街道1532-17)
  四街道駅から徒歩で約10分。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

演出決定! [カリホルニアホテル]

 本日の稽古で「カリホルニアホテル」の演出を俳優の長野克弘さんにお願いすることが決まりました。

 長野さんは現役の俳優として映画やテレビで活躍していらっしゃます。また、某専門学校の演劇科講師でもあります。劇団代表の入村がその専門学校の公演を観にいった際に、演出をしていた長野さんと知り合ったことが今回演出をお願いするきっかけとなりました。

 わたしたちの劇団は今まで西田了先生に演出をしていただく他は、すべて劇団員が演出を担当してきました。これからもその方針は変わらないと思います。ただ、今回はたまたま現役の俳優さんに演出をしていただく機会に恵まれたので、その御縁を大切にしてお願いしようということになりました。どんな演出をしてくださるか、少し怖くもありますが、ワクワクしています。

 長野さんの演出は4月7日(金)からだそうです。楽しみです。

 

 

 

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

3月10日(金)の稽古 [カリホルニアホテル]

今日は見学の方が来てくれました。高校、大学と演劇をやっていた女性です。「クロスロード」も見てくださいました。

いつものストレッチ、発声をやりました。発声にたった1人若い方が混じるだけで全体が華やいだ感じになります。ベテランの味が劇列車の要であることはもちろんですが、劇団がこの先30年、40年と存続するためにはもっともっと若い方が入って欲しいですね。

ある役者さんに外部演出をお願いしてみないかという代表からの提案がありました。代表が演劇関係の専門学校の卒業公演を見たときに知り合った方だそうです。千葉県在住で他の地区での市民劇団発足も予定しているとか。交通費程度のお礼しかできないことを伝えるとそれでもかまわないとのこと。とりあえず12日(日)に代表副代表などでお会いして話をしてみようということになりました。

私たちの劇団は発足当初から「手作り演劇」を標榜しています。しかし、時には外部の力を借りて新しい風を入れることも必要です。昨年の西田先生のワークショップも演劇の基礎を学び直す、いい機会になりました。今回の試みも劇団にとっていい刺激になると思います。

また、劇団総会の日程が4月16日(日)に決定しました。誠に申し訳ありませんが、見学希望の方はこの日を避けてお申し込みください。

後半は「カリホルニアホテル」を座っている順番で、男女関係なく配役をして読んでみました。性別や年齢が違うと、かえって思い切り作って演じることができます。これが本役でもできるといいのですが……。

半分ぐらいまで読むことができました。

4月は今日見学なさった方がお友達と参加してくれるそうです。楽しみですね。ご見学ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

成田市民劇団 プロデュース公演「KOUKAI」感想 [観劇の感想]

 成田市民劇団プロデュース公演「KOUKAI」の感想を団員のM.S.さんに書いてもらいました。この公演には以前見学に来てくださった石田さんが照明で関わっています。

 「KOUKAI」を観て M.S.

 公津の杜駅近くの「もりんぴあこうづ」で「KOUKAI」という芝居を観ました。成田市民劇団プロデュース公演、市内の5つの劇団とその他フリーの人達をまじえての公演です。
 「蛻る」「アタシ=カミサマ 純情乙女最強Ver」「嘘をつくのは君が世か」「僕等が考える素晴らしい集団の法則」という5作のオムニバス風。
 近未来(今から60年後位)支配者による統制差別粛正が横行する恐怖政治の社会から物語は始まり、次にアイドルと催眠商法、女優とその恋人、マスコミなど、芸能界を舞台に現代社会の問題をつきつけていきます。近未来と現代の物語が折り重なり、見えかくれして進行していきます。
 まず、会場に入ると完全武装して銃をかまえた男達4人がいます。あまり気持ちのよいものではありません。しかし、この緊張感と嫌悪感が客を恐怖政治の世界に、いやおうなくひきずりこんでいったと思います。
 紙を使っての音響効果も新鮮でした。それは恐怖社会が崩壊する場面で、紙を破る・はがす・めくる等の音だけが静けさの中に響きわたります。その動作をする人たちも何人か見えて、最後は舞台中に紙くずがばらまかました。
 小学生(?)男子のキレのあるダンスも魅力的でした。芝居の展開のはやさもよかったです。
 一方、セリフが速すぎたり、滑舌の悪い人もいて、伝わりにくい点もありました。
 しかし、脚本家と演出家の才能が感じられた1時間ばかりの芝居の中に、これでもかというほど現代の社会の問題が詰め込まれていました。恐怖政治のぶきみさが追いかけてきます。
 その中に平和に対する想いを表現していたと感じました。
 
 若いパワー!!ドキューン!!やられた。  以上

 M.S.さん、感想ありがとうございました。M.S.さん意外にも劇団員数名が観に行きました。若々しいパワー(劇列車の中高年パワーとはまた違う)が感じられ、よい刺激となったようです。

IMG_20161226_0001 (566x800).jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

劇団アルファー本公演の御案内 [その他]

毎年舞台美術でお世話になっている劇団アルファーの公演の案内です。

劇団アルファー本公演 Vol.24
「ノンセクト ラジカル~1970そして」(作・演出 時風 静恵)

期日 2017年3月22日(水)~26日(日)
     ※22日~25日は14時・19時開演、26日は11時・15時開演

会場 東演パラータ 世田谷区代田1-30-13 小田急線・井の頭線 下北沢駅下車徒歩約15分

前売り 4500円 当日 5000円(全席指定)

1970年・・・若者たちは、ヘルメットをかぶりプラカードを掲げて泥だらけになってどこを目指し、何と戦おうとしていたのか!・・・時代は流れ、時代は変化するもの、しかし変わらぬ平和への願い・・・(公演チラシより)

予約・問い合わせ
(有)劇団アルファー 
[電話] 0422-71-7730
Mail info@gekidan-alpfa.com
H.P. http://gekidan-aipha.com/

IMG_20170304_0001_NEW (724x1024).jpg

IMG_20170304_0001 (724x1024).jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

3/3(金)の稽古です。 [カリホルニアホテル]

3/3(金)の稽古の報告です。

今日は「カリホルニアホテル」の後半を読みました。

本来この作品は春バージョンと夏バージョンがありましたが、本公演には夏バージョンがふさわしいということで、「カリホルニアホテル2~夏」を「カリホルニアホテル」と改題して上演することになりました。

この作品は喜劇です。「クロスロード」と同じ高平九の作品ですけど、まったく色合いの違う作品になっています。思うに喜劇は鮮度が命だと思います。たとえば再演の希望が多い「煙が目にしみる」(堤泰之 作)などの悲しい場面は、毎回本当に悲しい気持ちで演じることができました。稽古でも毎回涙を流して心から表現することができたのです。たぶん、悲しみとか怒りという気持ちはそれほど鮮度を落とさずに、くりかえし表現できる感情なのです。でも、喜劇的な場面はどうしても稽古のたびに鮮度が落ちるように思います。これをいかに毎回新鮮な感動をもって表現できるか、これは課題の1つだと思います。

また、喜劇的な場面というのは、登場人物にとっては喜劇でもなんでもないことが多いわけで、そこを必死に真面目に演じることも大切です。武田鉄矢さんが山田洋次監督の「幸福の黄色いハンカチ」に出演したときのことを聞いたことがあります。旅先で知り合った女の子(桃井かおりさん)と車で移動中に大を催した男(武田鉄矢さん)が、草むらの中にお尻を抑えながら走り込むシーンがなかなかうまくいかなかったそうです。監督から「好きな人の前で野グソをしなければならない男はもっと必死なはずだ」となかなかOKがもらえなかったとか。映画の観客にとっては抱腹絶倒のシーンだけど、登場人物にとっては恥ずかしく情けなく必死な場面ということです。これは喜劇に限りません。舞台の上で一生懸命生きることが、結果としてお客さんの心の中におかしみや悲しみを生むのであって、最初からそれを意図した演技はどうしてもあざといものになってしまいます。

さて、配役のこと、演出のことなど、これから解決していかなければならない課題が山積みです。ひとつひとつみんなで力を合わせて解決して行くことが芝居作りの楽しさでもあります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

テレビ放映の影響 [カリホルニアホテル]

 昨年12月18日に四街道市文化センターで上演しました「クロスロード~運命をつなぐ四つ辻」が2月22日~28日までケーブルネット296の296スペシャルで放映されました。御覧いただいた皆様ありがとうございました。

 昨日、代表から嬉しい報告がありました。代表は最近耳が遠くなっている元代表のために大きなスピーカーまで持ち込んで録音してくれたものを再生する様子。いったいなんだろうと思っていると、流れて来たのは年配の男性の声でした。その方は「クロスロード」の放送を観てくださり、わざわざ296に電話をして、代表の連絡先を聞いてくださったそうです。「感動をどうしても伝えたくて電話させていただきました」とのことでした。あいにく代表が不在で留守番電話に録音されていたものを聞かせてくれたのです。もちろん、あとで代表からもその方に電話をして御礼を伝えさせていただきました。
 
 劇団員一同大感動でした。毎年296での放送はしていただいていますが、このような反響があったのは初めてです。ありがとうございました。皆様からいただくお言葉以上に私どもの励みになるものはありません。これからもがんばります。

 この作品は劇団の地元である四街道が、幕末や太平洋戦争末期という激動の時代にどう関わっていたのかを想像して作ったものです。1場の幕末のシーンが長すぎるという台本への批判はありましたが、江戸末期の世界と日本の状況を知っていただくために、あえてそのまま上演させていただきました。この作品を通して、四街道や佐倉の歴史に少しでも興味を持ってくれる方がいらっしゃれば嬉しいです。実際、観劇のあとで御夫婦で四街道十字路を訪れたという方もいらっしゃいます。バスや自動車で通過する人は多くても、なかなか立ち止まって道標やエノキの切り株を見る方は少なかったようです。そんな小さな皆さんの中の変化が愛おしいですね。切り株の傍らにあるエノキの幼木も元気に育っています。

 実際に本公演を観ていただいた方からも、いまだに「とてもよかった」と言っていだきます。皆様からの御要望が多ければ、再演させていただきたい作品です。四街道や佐倉などの中学校や高校などの学校公演に呼んでいただくといいんですけど……。

 296の放映を視聴してくださった皆様、ありがとうございました。よろしければ、今年12月3日(土)の本公演を観てやってください。

 また、放映をしてくださった296の皆様にも御礼を申し上げます。やはりテレビの力ってすごいですね。

DSCN6393 (800x600).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇