So-net無料ブログ作成
検索選択

千葉公演の写真です。 [陽気な地獄破り]

劇団代表から写真が届きました。カメラのトラブルであまり撮影できなかったそうです。

劇団アルファーに作ってもらった舞台の写真です。いつもながら、説得力抜群の舞台ですね。



鬼たちです。衣装のチーフは去年に続いて団員の高久さん。役者たちの演技を支える素晴らしい衣装です。



これらの舞台と衣装を見られるのは、泣いても笑っても後一回のみ。四街道公演をお見逃しなく。ご来場お待ちしています。

千葉公演をご覧になったお客様も再度ご入場いただけます。千葉公演のチケットをお持ちください。

千葉公演終了! [陽気な地獄破り]

千葉市文化センターアートホールでの千葉公演が無事終了しました。

DSCF4482 (1280x960).jpg
(手づま師と鬼達です。鬼の衣装、すごいクオリテイですよね)

今日はとても好い天気。千葉市文化センターアートホール前の千葉銀座通りは歩行者天国。千葉中央公園も「千葉市民の日」ということで、すごい人出でした。

お陰様で会場の半分以上が埋まりました。

劇団アルファー制作のすばらしい舞台。昨年にも増して高久さんの思いの込められた衣装が芝居をひきたてていました。
役者は少し緊張気味でしたが、約1時間半の舞台を無事つとめ、お客様にも満足いただいたことと思います。

DSCF4480 (1280x960).jpg
(えんま大王、かじ屋、歯の医者です。えんま大王って本物?他の2人も見事なおじさんぶり……)

12月6日(日)にはキャストを一部変更して四街道公演があります。
千葉公演を見逃した皆さん、ぜひ御覧ください。
それから、千葉公演も見たけどもう一度見たいとおっしゃる皆さん。
今、お持ちのチケットで四街道公演も御覧いただけます。ぜひ2公演を比べてみてください。

御来場いただいた皆様、お忙しい中、足をお運びいただきありがとうございました。

四街道公演への、皆様の御来場お待ちしております。

DSCF4483 (1280x960).jpg
(鬼です。怖いけど、どこかユーモラス。似合ってますよ)

DSCF4486 (1280x960).jpg
(山伏 本物のほら貝かっこよかったですね。お疲れ様でした)

千葉公演、ついに来週日曜日! [陽気な地獄破り]

やっと秋めいてきましたね。
芸術の秋です。

ついに私どもの劇団の千葉公演がこの週末(18(日))に迫りました。

会場は千葉市文化センターアートホール(中央公園隣)
開演は1時30分(開場は30分前です)

前売券をお持ちでない方も、当日券も前売券と同じ1,000円でお求めいただけます。
高校生以下はなんと無料。全席自由となっておりますので、お早めにおいでください。

また、今回のチケット四街道公演も御覧いただくことができます。ほとんどのキャストが変わりますので、できれば見比べてお楽しみください。

今回の演目は今年3月鬼籍に入られました三代目桂米朝師匠が十八番となさっていた演目『地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)』の後半とほぼ同じ内容の作品です。落語同様漢方薬の大黄がサゲとして使われているので、この落語をネタ元に作られた作品のようです。
来年2月には桂米朝師匠追善として『地獄八景亡者戯』という芝居が、大阪松竹座で上演される予定です。キャストは米朝一門の桂ざこば師匠、桂南光師匠などです。
ということで、ちょっと大阪までは……という落語ファンの方にも楽しんでいただけると思います。

若い方は『じごくのそうべえ』(田島征彦)という絵本が流行ったのを覚えていらっしゃるかもしれません。軽業師そうべえと仲間たちの地獄破りの話です。この話もほぼ同じ内容です。
ということで、二十代の皆さんも幼い頃に大笑いした絵本を思い出しながらお楽しみください。

平均年齢65歳(ぐらい)のおじいちゃんおばあちゃんが舞台せましと大活躍。元気なおじいちゃんおばあちゃんをぜひ見に来てください。

多くの皆様の御来場お待ちしております。

また、次の日曜日(25(日))には四街道公民館(四街道駅から徒歩5分、愛国学園前)にて公民館まつりに参加します。

四街道の皆様、公民館まつりの最後の演目になります。ぜひ御覧ください。