So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

1月12日の稽古でごわんそ。 [カリホルニアホテル]

1月12日(金)今年最初の稽古です。

四街道公民館2階和室にて、19時~21時。

○代表の挨拶
○基礎練習
久しぶりに時間をかけてストレッチと体操、呼吸と発声をやりました。ストレッチと体操は代表が自ら指導。流行りの体幹トレーニングはきつかったあ。最高齢のNさんが一番楽にこなしていたのに感動。弱音は吐けません。

劇団員14人に見学のSさんを加えて15人での稽古でした。みんなでやると、きついトレーニングも楽しい。声もよく飛びます。

○行事日程確認

1月28日の四街道公民館祭

演目 
『穴~キツネとネズミの物語』(高平九)

2月21日「もえぎ」(ボランティア)

演目 
『ベランダー・ドリーム』(高平九)

3月「やぎはらサロン」(ボランティア)

演目 
『三月つぼみ』(神宮茂十郎)

○演出決定

本公演の演出は団員の長谷川さんに決定しました。

○脚本選定

候補作を4作に絞りました。

『11ぴきのねこ』(井上ひさし)
『天国までの百マイル』
   (原作 浅田次郎/脚本 八木柊一郎)
『太陽のあたる場所』(堤泰彦)
『袴垂れはどこだ』(福田善之)

これから新しい作品が候補に上がることも可能性としてはありますが、とりあえずこの4作を読み直してみることになりました。



↑ 『カリホルニアホテル』第1場より
nice!(0)  コメント(0) 

謹賀新年 [その他]

明けましておめでとうございます。

昨年中はブログを見ていただき、ありがとうございました。

また、公演を観てくださった皆さん、ありがとうございました。

今年も座・劇列車をよろしくお願いしたします。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

12月22日の稽古ぞなもし。 [稽古内容]

今年最後の稽古です。

四街道公民館和室。17時~21時。

○基礎練習 ストレッチと呼吸・発声

○1月稽古日程を決めました。

定例稽古[ひよこ]
 
毎週金曜日 19:00~21:00

12日(金)四街道公民館
19日(金)四街道公民館
26日(金)千代田公民館※

※四街道公民館が公民館祭で使えないため。

第2土曜日 17:00~21:00

1月13日(土)四街道公民館

第3日曜日

1月21日(日) 13:00~17:00

公民館祭稽古[ひよこ]

1月28日(日)
10:00~12:00 千代田公民館にて稽古
14:00 四街道公民館ホールにて本番。

『穴~キツネとネズミの物語』を上演。

○脚本選定

現在、団員は13名。今のところほぼ全員がキャスト希望なので、次回作もとにかく人がたくさん出る芝居でなければなりません。

それを前提にこれまでの候補作品を検討しました。いくつかが候補として上がりましたが、それぞれにまた別の課題があります。そもそもその課題のために上演を見送られた作品が残っているのです。

課題の多くが、男女のバランスや年齢の隔たりです。男女のバランスについては大抵男性が足りないので、今までも女性が男性役を演じて対応してきました。しかし、これも現代劇では限界があります。年齢についても、若い役、時には女子高校生を六十歳の役者が演じてきました。これも観客の皆さんには「無理がある」と批判されることがあります。少なくとも女学生ばかりの芝居などはキツいかな。

年齢や性別を超えて芝居をするのもけして楽ではありません。

再演の提案もありました。提案されたのはすでに3回本公演で上演していて、今でも再演希望の多い人気の作品です。しかし、前回の上演から6年しか経っていないので、もう少し先に回した方がいいという意見もありました。

脚本選定が一番気をつかいます。本として読むと面白くても、意外に芝居としては面白くないことも多い。難しいです。

演出を誰がやるかも毎年大きな課題です。脚本と同時進行で検討されますが、今年長野さんに依頼したこともあり、来年は出来れば劇団員の誰かが演出をしようということになっています。候補はいますが、現在家族と相談して検討しているところです。

以上、報告でした。

nice!(0)  コメント(0) 

公民館祭に出ますよ。 [公民館祭公演]

地元四街道の公民館祭で公演をします。

『穴~キツネとネズミの物語』
(作:高平 九 演出:北原 汎)

日時:1月28日(日)2時頃~(約30分)

会場:四街道公民館
(四街道駅から徒歩10分。愛国学園の向かいにあります)

内容:洞穴にネズミがたくさんの仲間と暮らしていました。かつてその洞穴にはおびただしい量の虫がいました。しかし、あまりにネズミの数が増えて、虫を食べ尽くしてしまい、今ではほとんどいません。

あるネズミが仲間のために食料を探していると、洞穴の奥で穴を一つ見つけます。中を覗くと穴の向こうから、なんとキツネが覗いていました。隣の洞穴にはキツネの家族が住んでいたのです。驚いたネズミが逃げようとするとキツネは彼にある提案をしました。その提案とは……。

よろしければ観てやってください。これからの人類の行く末を考えさせる、少しばかりスパイスの効いた寓話(ぐうわ/たとえ話)になっていると思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

川島先生のパントマイム劇どす。 [観劇の感想]

ダンスの振付をしてくださった川島とも子先生のパントマイム劇を観てきました。



演目は
ディケンズの『クリスマスキャロル』

12月9日(土)2時開演の回です。

場所は、横浜の「人形の家」の上にある「あかいくつ劇場」でした。

川島先生の役は主人公スクルージが出会う3人の精霊のひとり。過去の精霊です。強欲なスクルージに過去の貧しかった自分の姿を見せるのが、この精霊の役目です。川島先生はパントマイムでは分かりにくい精霊という役を見事に演じていました。ちなみにスクルージは川島先生のパントマイムの師匠やまさわたけみつ先生です。スクルージを囲んでの精霊たちのダンスも妖しく美しかったです。もちろん川島先生の振付です。

後半はガス灯に明かりを灯す少年の役でした。川島先生はどんな役もこなしてしまう不思議な人です。年齢も性別も超え、ある時は動植物を演じ、またある時は生き物でないものまで演じてしまいます。色んな世界をパントマイムとダンスで自由に行き来できるなんて本当にすごいです!

一緒に観に行った団員達も、中にはパントマイム劇を初めて観た人もいましたが、川島先生をはじめキャストの皆さんの表現力に驚いていました。
nice!(0)  コメント(0) 

『カリホルニアホテル』公演写真とあらすじ [カリホルニアホテル]

[ひよこ][ひよこ][ひよこ][ひよこ][ひよこ]

公演写真の一部を掲載します。写真を見ながらあらすじを振り返ってみましょう。

写真の無断転載は御遠慮ください!

この作品のテーマは「嘘」です。

舞台
 こんなステキな舞台を作ってもらいました。ホテルのロビーです。後ろにはリアルな椰子の木があります。これは舞台美術担当の北原さんの手作りです。これだけでリゾート感がありますね。

小さいけどシャンデリアが2つあります。これは舞台を作ってくれた劇団アルファーが持って来てくれました。立派なホテルになりました。

四街道市文化センターは1,000席弱のホール。今回は約500名のお客様をお迎えできることができました。欲張りですが、一度くらい超満員にしたいものです。

DSC_0063 (1024x683).jpg


オープニング

DSC_0073 (1024x683).jpg

↑ オープニングはキャストのダンスシーンからはじまりました。写真中央は売店係の鴨川(大場)
  振付は川島とも子先生です。

[ひよこ]

1場

DSC_0078 (1024x683).jpg

↑  お客様(長澤/写真左)に叱られるコンシェルジュの早苗(中根/写真右)

DSC_0094 (1024x683).jpg

↑ 早苗を気遣う恋人未満のドアボーイトム(入村/写真中央)

DSC_0109 (1024x683).jpg

1場はコンシェルジュの早苗が、お客の要望に応えられずに悩んでいるところからはじまります。ドアボーイのトム、売店担当の鴨川、そして早苗の両親などが彼女を支えます。

↑ 真子(早苗の母/写真中央)と娘の早苗が憲一(早苗の父/写真左)に隠し事があることを知った客室係の美沙子は、2人に自分の嘘につきあってくれと頼みます。

[ひよこ][ひよこ]

2場

DSC05753 (1024x768).jpg

↑ 1場と2場の間になぜかハードロックのバントシーン(シルエット)が……。
これは美沙子と孫のゆいが「ブラックスカル」というバンドのファン同士として偶然出遭ったことから入れたものです。ゲスト出演の皆さん、シルエットでの熱演ありがとうございました。

DSC_0119 (1024x683).jpg

DSC05755 (1024x768).jpg

↑  美沙子(酒井/下の写真)とゆい(和田/上の写真右)がメールのやりとりをしています。2人は「ブラックスカル」というバンドのファンとして出遭いましたが、実はゆいは美沙子が離婚した夫のところに残してきた娘が産んだ孫なのでした。

美沙子はゆいにお金を送っていましたが、見栄を張って自分がホテルのオーナーだと嘘をつきます。ところが、突然ゆいがホテルに来たいと言い出して、美沙子はパニックに陥ります。

そこで美沙子は真子と早苗親子に自分がホテルのオーナーであるかのように芝居をしてほしいと頼むのでした。

[ひよこ][ひよこ][ひよこ]

3場

DSC_0122 (1024x683).jpg

↑ 人助けはコンシェルジュの本分だと美沙子の頼みを引き受けた早苗は、ホテルの仲間を集めて美沙子の嘘に協力するように依頼します。母親の真子はそんな早苗の行動に不安を抱きます。

DSC_0147 (1024x683).jpg

↑ ゆいがホテルにやってきます。なぜか大学の名誉教授上野(北原/写真左から2番目)を伴っています。

計画では、ゆいと入れ違いにアメリカにホテルの視察旅行に行くはずだった美沙子が、急にアメリカには行かないと言い始めて早苗たちは動揺します。計画を成功させるにはゆいと美沙子が一緒にいる時間が短いほどよいからです。なぜ美沙子は勝手に計画を変更したのか。それは「相談がある」というゆいの言葉と上野の存在が原因のようです。

[ひよこ][ひよこ][ひよこ][ひよこ]

4場

DSC_0162 (1024x683).jpg

↑  場面がホテルの客室(和室)に変わります。美沙子、そして美沙子の夫に扮する憲一がゆいの相談を聞きます。上野とゆいの関係を誤解していた美沙子と憲一でしたが、どうやら2人は「ブラックスカル」のファン同士というだけの関係のようです。しかし、母親をないがしろにした身勝手なゆいの言葉に美沙子は思わず手を上げてしまいます。

[ひよこ][ひよこ][ひよこ][ひよこ][ひよこ]

5場

DSC_0182 (1024x683).jpg

↑ ホテルのオーナー彰子(小林/写真右奥赤い服)は、大手ホテルチェーンの創始者であるトムの曾祖父ボブに招かれてアメリカ中をまわっているはずでしたが、なぜか突然帰国してきました。

ちなみに彰子の息子、マザコン支配人の誠一郎(長谷川)は写真中央黒服です。

美沙子に殴られたゆいが泣きながらロビーに駆け込んできて「オーナーに殴られた」と訴えます。

事情を知らない彰子がそれを問いただし、ホテルの従業員たちがなんとか取り繕おうとするのでホテルは大混乱。

DSC05763 (1024x768).jpg

↑  上野に興味をもったトムが身元を調べます。大学教授と名乗ったことは嘘だとバレます。

真子と早苗がついつい口を滑らせて、美沙子がオーナーだという嘘もバレてしまいます。ゆいは自分と母親に負担をかけないようにという美沙子の気持ちを理解して、その嘘を赦します。

DSC05772 (1024x768).jpg

↑  騒動の中で思いを確かめ合ったトムと早苗。しかし、今度は彰子の口からトムの嘘があばかれます。トムは自分は大手ホテルチェーンの御曹司の1人だが、後継者となるにはライバルがたくさんいると早苗に説明していました。ところが実際は創始者であるボブのいちばんのお気に入りであり、あまつさえボブが決めたフィアンセがいるというのです。それを聞いた憲一は怒りにまかせてトムを殴ってしまいます。

[ひよこ][ひよこ][ひよこ][ひよこ][ひよこ][ひよこ]

6場

DSC05783 (1024x768).jpg

↑  右端がフロント係栗田(飯塚)です。いつもはすぐにセリフを覚える飯塚さんですけど、今回はほとんどセリフのない役でした。一緒に舞台に立っていても思わず笑ってしまいそうになる見事なコメディエンヌぶりでした。

DSC05785 (1024x768).jpg

↑  すべて解決したかのように見えましたが、そこに例の客たちがやってきて、またも早苗を苦しめます。

左端がセレブの客(坪井)です。社長夫人の上品さと貫禄を見せてましたね。最初の早苗にクレームをつけたお客(長澤)はこの人の秘書ということになっています。ところが、実は……。

DSC05789 (1024x768).jpg

↑ 鴨川が拾ってきた 駅前交番からのファックスに一同びっくり。この2人のお客の正体は……。

残念ながら写真はありませんが、この後ドタバタからエンディングのダンスへ、そしてカーテンコールへと続きます。

御来場いただいた皆様、ストーリーが複雑すぎて分かりにくかったかもしれません。この解説で少しはすっきりしていただけたでしょうか。またの御来場お待ちしております。

            [ひよこ][ひよこ][ひよこ][ひよこ][ひよこ][ひよこ][ひよこ]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

12/15(金)の稽古だぜ。 [稽古内容]

DSC_0140 (1024x683).jpg

定例稽古 19:00~21:00 四街道公民館和室にて 

今日は以下のことについて話し合いました。

① 四街道公民館祭 1/28(日)

選挙のため延期になった公民館祭の概要です。

  演目 「穴~キツネとネズミの物語」(高平 九)
          演出 北原
    キャスト ネズミ 酒井
         キツネ 北原
    悪いネズミ兄貴分 大場
      〃   弟分 坪井
          語り 山田
   
 代表者会議 12/25(月) 北原・酒井
    稽古 1/19(金)四街道公民館・26(金)千代田公民館 定例にて。
         1/28(日)10:00~12:00千代田公民館にて稽古。
 リハーサル 1/24(水)のなるべく遅い時刻を希望。代表者会議にて決定。
   
② 「もえぎ」ボランティア2/21(水)です。

  八木原小学校にて1時間程度
 
  演目 未定(候補作として「ベランダー・ドリーム」(高平 九)ただし朗読にする)
 キャスト 北原・長澤・飯塚・小林・高見沢(公民館祭とは違うメンバーで)

③ 来年の本公演 12/2(日)
④ 来年の稽古初め 1/12(金)? →12/22(金)の稽古で決める。

今日は30代の方が入団を希望しているという嬉しい報告もありました。少しずつ新しい団員も増え、劇列車はますます元気に走り続けます。ブログを御覧の皆様、今後とも座・劇列車の応援をよろしくお願いいたします。

来週12月22日金曜日は今年の稽古納めです。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

小林さんが歌いますよ。 [団員の活動]

『カリホルニアホテル』でホテルのオーナーを演じた小林和子さんが週末にお仲間と歌うそうですよ。まだ予定のない貴方。オーナーの歌で身も心も温まりませんか?



第5回 ラベンダーの香りと歌声と♪

12月16日(土)
2時開演(開場は30分前)

船橋市勤労市民センター
nice!(0)  コメント(0) 

来年3月ケーブルテレビ296で放送します。 [カリホルニアホテル]

来年ケーブルテレビ296で『カリホルニアホテル』を放送してくれることになりました。

残念ながら296を契約している方しか御覧になれませんが、機会がありましたらぜひ観て
やってください。

296housou.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

12月8日(金)の稽古だもんで。 [カリホルニアホテル]

公演後、最初の稽古です。

今月は団員の予定が合わず、土曜稽古はなくなりました。

今年、稽古の時間の中ではやらなかったストレッチと呼吸・発声をやりました。個人ではやっていたものの、みんなでそろって声を出すのは気持ちのいいものです。

その後は反省会ですが、あくまで今後の活動にプラスになるような反省会にするようにという代表の指示で始まりました。始まってみると、反省というより今後のこと、つまり来年度の演出や作品の話にシフト行きました。また新たに作品作りの紆余曲折がはじまります。

さて、先日の公演の来場者数は493名(プログラム数による)であることが分かりました。ただし、これには家族連れの子供さんの数は入っていませんので、実際には500名を越えていたと推察できます。御来場誠にありがとうございました。

cariniba03.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -